なぜ計算と制御がマーケッターに必須なのか

我々の活用できる資源は有限だ。

とすると、
使用量を制御しなければならない。

制御には基準値がなければいけない。

だから、その基準値を計算しなければ
ならない。

あなたが1クリックを獲得するために
かけられる広告費について考えてみよう。

出費が収入を上回ってはならない事が、
基準値を決める上での考え方の基本だ。

ここでは、売上高から仕入原価を差し引いた
粗利を収入として捉えて話をする。

だから、粗利=広告費であれば、
出費が収入を上回っていない事になる。

つまり、1クリッックを獲得するために
かけられる広告費の基準値は1クリック
当たりの粗利と同じ額という事になる。

あるページの広告に含まれるリンクが
100回クリックされて粗利100円の商品が
10個売れて、さらにアップセルで粗利9,000円
の商品が1個売れた場合は、

粗利の合計額は10,000円だから、
1クリック当たりの粗利は100円だ。

この場合は、
1クリックを獲得するための広告費として
使えるお金は100円まで、だ。

この広告費として使えるお金の限界(基準値)
を知っておかないと、マーケッターとして
思い切って前進する事ができない。