素晴らしい父親の存在

人には、
必ず両親がいる。

僕は人だ。

だから、僕には両親がいる。

しかし、僕は母親の顔を見た事がない。

母親が産んでくれたのは解り切っているが、
その母親がどこにいるのかは全く知らない。

僕は、母親を探そうと思った事は一度もない。

だから、未だに自分の母親がどこにいるのか、
どのような顔をしているのかも解らない。

まだ母親が生きているのか否かも
解らない。

両親のうち、僕が顔を知っているのは、
父親だけ。

しかし、悲しいことに、
僕の父親はおよそ3年半前に
不慮の事故により他界した。

父親のことは、解っているつもりだった。

他界するまでは・・・

 

実の父親を失って初めて解った事がある。

それは、「もっと喋っておけば良かった」
という僕の父親に対する要求だ。

亡くなった人と話をすることはできない。

だから僕は今、父親と喋ることはできない。

人間の実体とは何だろうか。

僕は、人間の実体とは、
「喋る事そのもの」だと思う。

喋る内容というよりも、
「喋っているその声」が、その人なのだ。

僕は、父親の声を、もう聴くことはできない。

しかし、僕にも息子がいるのだから、
僕だって父親なのだ。

息子との対話が最も価値があると感じている
のなら、もっと正直に生きるべきだ。

まだ子供が未就学児童ならもちろんのこと、
高校生の頃までは父親は息子としっかり
対話しなければならない。

ここで、ある条件というものがある事を
あなたに教えたい。

ある条件とは、息子があなたを父親として
尊敬するための条件のことだ。

あなたが父親なら、息子からどのように
尊敬されたいのか。

この問いに関して正直に答えたら、
あなたの生き方が改善されるかもしれない。

勘違いしないでもらいたいが、
実際に尊敬されているか否かよりも
どのように尊敬されたいのかを考えること、
喋る事が大事なのだ。

配偶者と、そんな話ができているのなら、
きっと子育ては上手くいくだろう。

家庭はリーダーシップの実験室だ
と主張するビジネスマンがいたが、
決して息子を実験台にしてはいけない。

人間を実験台にするのではない、
リーダーシップに関する実験をするのだ。

最も試されているのは、
子供ではなく親。

あなたの声には、リーダーシップがある?

僕も、自分の声をもっと磨きたいし、
リーダーシップを発揮したい。

 

 

ストレス発散

面白い文章が書けない。

役に立つ文章が書けない。

ワクワクする文章が書けない。

ストレスを発散できる文章が書けない。

精神性を高める文章を書けない。

ん?「が」が「を」に変わったぞ。。

 

思考が現実化する?

・・・それは本当か?

 

現実を至高化する?

・・・ん、何か新しそうだなぁ、
その言葉の響は。

 

そうだ!

現実を至高化する文章を書ける?

 

「書ける気がしない」

 

それでは、
現実を至高化するためには
ストレス発散が一番大事だ、
という仮説を立てらどうか?

「人によって、一番大事なのか否か、
それは違ってくる」

自分が何者で誰に何を提供するのか、
によって仮説の内容が変わってくる。

アーメン。

Be-Do-Haveモデル

どうして以下の3つ動詞が重要なのかは、
まだよく解らないし答えられない。

  • Be
  • Do
  • Have

しかし、何となく必要な気がする。

 

欲しいものがあるなら、
行動しなければ得られない。

行動するなら、
心構えがなければならない。

これは運任せに生きる事を、
意味しない。

主体性を持って生きる事を、
意味する。

 

何を考える?

自分がこれまでにやった事を考えると
責任に対する感度が高まる、
と仮定した。

僕はブログで考えることにしたから、
やった事を考えるということは、
やった事をブログに書くということだ。

言うのは簡単だが実際に自分がやった事を
ブログに書き出すのは、勇気が要る。

勇気が無いから先延ばしにして良いのだろうか?

 

いや、ダメだ!

先延ばしにするのは人間の性だが、
その性を上手に利用すれば優先事項を
実行できるのでは?

では、小さな第一歩として・・・

列挙して見る。

  • 30年間で2137冊の本を読んだ
  • 7人の女性とセックスをした
  • キャッチフレーズを考えるコンテスト「HOYAキャンパス大賞」で入賞した
  • 大手ハウスメーカーの営業職で新人賞を獲得した
  • 2人の息子を妻と一緒に育てた
  • 1匹の犬を飼った
  • マンションを1つ買った
  • HUGOをMacBook AirにインストールしてHTMLファイルを書き出した
  • 22個くらい取得したインターネットドメインの内の18個くらいを捨てた
  • BMWを1台買った

とりあえず、ここまで。

ブログで考える

一人で考えるよりも二人で考えたい。

二人で考えるよりも三人で考えたい。

それは、何故か?

ビジネスで成果を上げるためには、
組織を形成して役割を分担しなければ
ならないからだ。

だったら、こうしよう!

ブログで考える。

WEB上に自分の考えた事を記録する。

そうすれば、その考えたことに共感を
した他人の

それは、
ブログを書きながら考えるということ。

自己開示をしながら考えるということ。

必要な事をする習慣

以下の2種類の人間しか、
この世に存在しないとしたら、
あなたはどちらだろう。

  1. やりたい事をやり続ける人。
  2. 必要な事をやり続ける人。

真剣に考えてくれただろうか。

僕は、必要な事をやり続ける人で在りたい。

何故かというと、
責任に対する感度を高めたいからだ。

責任とは必要な事をやるということだ。

 

「言い訳をしないで実行すること」

これは、実行することが、
やりたい事なのか必要な事なのか、
は全く関係ない。

必要な事をやったうえで、
やりたい事をやるのであれば、
それはとても素晴らしい生き方だ。

やり遂げるためにやり続ける人間に
なりたい。

やらないための言い訳より、
やり遂げるための行動計画を立てる。

そこに世間話は要らない。

やり遂げるために必要な事をやり続ける
人になりたい。

 

責任に対する感度を高める

僕は先日このブログで以下のことを宣言した。

責任に対する感度を高めることが
僕が戦略型起業家になるための小さな第一歩だ、
と。

では、どうやって責任に対する感度を高めるのか。

 

「常に責任を感じることが、
それに対する感度を高めることに繋がる」

僕は、そう考えた。

 

では、
常に責任を感じるために僕ができる事は?

思いつくままに、以下に列挙する。

  • 日誌を書く
  • 責任とは必要な事をやるということなのだから、やりたい事よりも必要な事に注目するようにする
  • 必要な事をやったのかを確認するために必要な事を紙に書き出す
  • それが何故に必ず要るのかを自問自答する
  • 規則正しい生活を営む
  • 五感を研ぎ澄ますために瞑想する

僕は発想がプアなので、とりあえず列挙はここまで。

何故僕の発想がプアなのかについては、後で考える。