子育ての力学

ストレスフリーな子育て、起業家育成、倫理的消費

攻めるスピリチュアル

スピリチュアル市場について語ろうと
思っていたのですが、その前に整理したい
ことが発生してしまいました。

辻秀一氏の著書『スラムダンク勝利学』の中で、
とても興味深いところが見つかってしまったのです。

なので今回はスピリチュアル市場の前段階、
スピリチュアルそのものについて関連している
と思われる部分について触れたいと思います。

スピリチュアル市場については、
後でも良いかなと。

で、『スラムダンク勝利学』で興味深いと
感じたところというのは、

  • 一流選手の中にある「無境界」
  • 常に、するべき事を意識する
  • 意識、下意識、セルフイメージのバランス
  • 情熱が湧いてくるようにするために時間を割く
  • セルフイメージを大きくするためには常に全力を尽くす必要がある

以上の5つです。

一流選手の中にある無境界
※著書の中では無境界という表現はありません。

ここで言う無境界とは自分と他人を区別しない、
という意味です。

具体的には、他人の悪口を言わない、愚痴を
こぼさないなどです。

自分と他人を区別していると、
セルフイメージが小さくなってしまうので、
一流選手はそれをしません。

他人の悪口を繰り返すほど、
セルフイメージは小さくなっていくという事を、
忘れないでください。

常に、するべき事を意識する

これは僕にとっては、とても耳の痛い話です。

目標だけを意識していると萎縮してしまう事
があるので、そうならないためには、
いつも通りの「するべき事」に意識を
集中して実行に移すことが必要。

意識、下意識、セルフイメージのバランス

この3つの関連性を矢印を使って表現すると、
こうなります。

  • 意識→セルフイメージ:A
  • セルフイメージ→下意識:B
  • 意識→下意識:C

Aは日頃の考え方、Bは実力発揮、
Cは練習に依存していると思ってください。

つまり、意識が高いだけでは意味が無い
という事です。

情熱が湧いてくるようにするために時間を割く

僕は日常生活の中で情熱が湧いてくるように
意識して手に入れたい結果をイメージしたり、
その時の感情を味わってみたり
していませんでした。

わざわざ情熱を作り上げるというのは、
カップ麺を美味しく食べるために、
ヤカンに入れた水をガスコンロで沸かす
ようなものなのでしょうか。

今までの僕は、例えて言えば、
カップ麺に冷たい水をかけて食べていた
のかもしれません。

どおりで、美味しくないわけです。

自己啓発の業界では量子力学が頻繁に
適用されていますが、目標達成には
熱力学が関係ありそうです。

自己啓発国立国会図書館的には、
能力開発に分類されるようです。

ですから、現実逃避する能力を開発する
なんて事を考えないで目標を達成する
能力を開発すると考えるのなら、
熱力学も合わせて勉強した方が

良さそうです。

ちょっとこの流れは無理矢理感がある事を
否めません。

併せてスターウォーズに出てくる
「フォース」とは何ぞや?
となると、さらに話が脱線します。

セルフイメージを大きくするためには常に全力を尽くす必要がある

実は僕は、セルフイメージの大小を
意識した事がありませんでした。

筋肥大を起こしたいとか、
カラダを大きくしたいとかなど、
考えた事はありました。

セルフイメージの大きさに拘るって、
とても面白いと思います。

同じ内容のイメージなら大きい方が良い、
という事なのでしょう。

で、
そのためにはベストを尽くすのではなく、
常に全力を尽くすのです。

自分が行った事がベストかどうかは、
それをやるときに分かるわけではなく、
やり終わった後に分かる事なのです。

今に生きる事を中心にするなら、
当然に、やるときに分かる「全力」を
尽くすことになります。

これも、耳が痛い話です。

攻めるスピリチュアルは、
結構な痛みを伴います。

やる気に依存するのではなく、
情熱が湧いてくる状態を作り出し、
上手に管理したいものです。

依存よりも状態管理、です。

 

急拡大マーケットの真実

スピリチュアル市場の規模は、
年々増大しているようです。

スピリチュアルという言葉は僕にとって
掴み所が無く、他人にその意味を説明しよう
としても、きっと上手くできないと思います。

なので、スピリチュアルについての説明を
僕がするつもりは1ミリも無いのです。

しかし、スピリチュアルに興味のある人たち、
見えないものを見ようとする人たちとの
繋がりは持っていたいと強く思うのです。

もし僕がスピリチュアルに興味のある人たち、
そして「見えないものを見ようとする」
人たちと繋がることができたなら、
僕は以下の質問をしたい。

「あなたにとって、
スピリチュアルとは何ですか?」

僕にとってのスピリチュアルは、
どうでも良くて、僕以外の人が
スピリチュアルをどのように捉えている
のかが重要だと感じているからです。

僕は、およそ30年間、というとオーバー
かもしれませんが、本屋や図書館に足を運ぶと、
自己啓発」というキーワードで
読む本を探していました。

だから、僕にとって身近な言葉は、
スピリチュアルでは無く自己啓発なのです。

自己啓発の本ばかりを読む大人ってカッコ悪い、
というのは十分に分かっているつもりです。

だから、聞かれない限り自分から
自己啓発の本を読み漁っていた」ことを
言うことはありません。

実生活では言うことはありませんが、
これからはブログとかYouTubeとかで
告白してしまうかもしれません。

で僕が頻繁に本を読むようになったのは多分、
18歳くらいからだったと思います。

もし、
「いったい、何年読めば気が済むの?」
と詰め寄られたら、返す言葉が
無いでしょう。

それは、まだ、気が済んでいないからです。

こんな僕を笑わないでください。

笑うのは僕だけで十分ですから。

で、
スピリチュアル市場についてなのですが、
これは有元裕美子さんが詳しいのです。

彼女は僕の知り合いでは、ありません。

面識の無い、
単なる著者と読者の関係であります。

寂しいです、、
いや、そうじゃない!

話したいのは、有元さんとの関係性
ではなく、スピリチュアル市場について
なのでした。

スピリチュアル市場は今、急拡大中
なのであります。

そして、スピリチュアル消費の中心は
20代から40代の女性です。

あなたの周りには、
スピリチュアル消費に夢中の女性は
いるでしょうか。

僕の周りは、ゼロです。

だから、スピリチュアル市場が急拡大
していてもぜんぜんピンと来ません。

僕は自己開発には、とても関心が高い
のですが、スピリチュアルを消費する
人との繋がりがリアルでは
全くないのです。

スピリチュアル市場が拡大中なら、
せめて片手で数えられるくらいの
スピリチュアルな人たちと
リアルで対峙してみたい。

次回は、
自己啓発オタクの立場から、
スピリチュアル市場について
もう少し詳しく語りたいと思います。
 

 

素晴らしい父親の存在

人には、
必ず両親がいる。

僕は人だ。

だから、僕には両親がいる。

しかし、僕は母親の顔を見た事がない。

母親が産んでくれたのは解り切っているが、
その母親がどこにいるのかは全く知らない。

僕は、母親を探そうと思った事は一度もない。

だから、未だに自分の母親がどこにいるのか、
どのような顔をしているのかも解らない。

まだ母親が生きているのか否かも
解らない。

両親のうち、僕が顔を知っているのは、
父親だけ。

しかし、悲しいことに、
僕の父親はおよそ3年半前に
不慮の事故により他界した。

父親のことは、解っているつもりだった。

他界するまでは・・・

 

実の父親を失って初めて解った事がある。

それは、「もっと喋っておけば良かった」
という僕の父親に対する要求だ。

亡くなった人と話をすることはできない。

だから僕は今、父親と喋ることはできない。

人間の実体とは何だろうか。

僕は、人間の実体とは、
「喋る事そのもの」だと思う。

喋る内容というよりも、
「喋っているその声」が、その人なのだ。

僕は、父親の声を、もう聴くことはできない。

しかし、僕にも息子がいるのだから、
僕だって父親なのだ。

息子との対話が最も価値があると感じている
のなら、もっと正直に生きるべきだ。

まだ子供が未就学児童ならもちろんのこと、
高校生の頃までは父親は息子としっかり
対話しなければならない。

ここで、ある条件というものがある事を
あなたに教えたい。

ある条件とは、息子があなたを父親として
尊敬するための条件のことだ。

あなたが父親なら、息子からどのように
尊敬されたいのか。

この問いに関して正直に答えたら、
あなたの生き方が改善されるかもしれない。

勘違いしないでもらいたいが、
実際に尊敬されているか否かよりも
どのように尊敬されたいのかを考えること、
喋る事が大事なのだ。

配偶者と、そんな話ができているのなら、
きっと子育ては上手くいくだろう。

家庭はリーダーシップの実験室だ
と主張するビジネスマンがいたが、
決して息子を実験台にしてはいけない。

人間を実験台にするのではない、
リーダーシップに関する実験をするのだ。

最も試されているのは、
子供ではなく親。

あなたの声には、リーダーシップがある?

僕も、自分の声をもっと磨きたいし、
リーダーシップを発揮したい。

 

 

ストレス発散

面白い文章が書けない。

役に立つ文章が書けない。

ワクワクする文章が書けない。

ストレスを発散できる文章が書けない。

精神性を高める文章を書けない。

ん?「が」が「を」に変わったぞ。。

 

思考が現実化する?

・・・それは本当か?

 

現実を至高化する?

・・・ん、何か新しそうだなぁ、
その言葉の響は。

 

そうだ!

現実を至高化する文章を書ける?

 

「書ける気がしない」

 

それでは、
現実を至高化するためには
ストレス発散が一番大事だ、
という仮説を立てらどうか?

「人によって、一番大事なのか否か、
それは違ってくる」

自分が何者で誰に何を提供するのか、
によって仮説の内容が変わってくる。

アーメン。

Be-Do-Haveモデル

どうして以下の3つ動詞が重要なのかは、
まだよく解らないし答えられない。

  • Be
  • Do
  • Have

しかし、何となく必要な気がする。

 

欲しいものがあるなら、
行動しなければ得られない。

行動するなら、
心構えがなければならない。

これは運任せに生きる事を、
意味しない。

主体性を持って生きる事を、
意味する。

 

何を考える?

自分がこれまでにやった事を考えると
責任に対する感度が高まる、
と仮定した。

僕はブログで考えることにしたから、
やった事を考えるということは、
やった事をブログに書くということだ。

言うのは簡単だが実際に自分がやった事を
ブログに書き出すのは、勇気が要る。

勇気が無いから先延ばしにして良いのだろうか?

 

いや、ダメだ!

先延ばしにするのは人間の性だが、
その性を上手に利用すれば優先事項を
実行できるのでは?

では、小さな第一歩として・・・

列挙して見る。

  • 30年間で2137冊の本を読んだ
  • 7人の女性とセックスをした
  • キャッチフレーズを考えるコンテスト「HOYAキャンパス大賞」で入賞した
  • 大手ハウスメーカーの営業職で新人賞を獲得した
  • 2人の息子を妻と一緒に育てた
  • 1匹の犬を飼った
  • マンションを1つ買った
  • HUGOをMacBook AirにインストールしてHTMLファイルを書き出した
  • 22個くらい取得したインターネットドメインの内の18個くらいを捨てた
  • BMWを1台買った

とりあえず、ここまで。

ブログで考える

一人で考えるよりも二人で考えたい。

二人で考えるよりも三人で考えたい。

それは、何故か?

ビジネスで成果を上げるためには、
組織を形成して役割を分担しなければ
ならないからだ。

だったら、こうしよう!

ブログで考える。

WEB上に自分の考えた事を記録する。

そうすれば、その考えたことに共感を
した他人の

それは、
ブログを書きながら考えるということ。

自己開示をしながら考えるということ。